歯周病とは、お口の中の歯周病菌によって歯を支える歯茎や歯槽骨が破壊される病気です。

清掃が不十分になりがちな歯と歯茎の境目(歯肉溝)などに歯周病菌が蓄積し、歯肉の辺縁に炎症を引き起こします。

歯周病は初期段階に痛みをほとんど感じず、気付かないうちに症状が進行すると、歯肉溝(歯周ポケット)がどんどん浸食され、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けてきます。

最終的には歯がグラつき、抜歯が必要となるケースもあります。

  • 1.健康な状態

    歯と歯茎のすき間(ポケット)もなく、歯茎が引き締まっている。

  • 2.軽度歯周病

    歯茎が赤く腫れあがり、歯を磨いたり固いものを食べると出血することもある。

  • 3.中度歯周病

    ポケットの炎症が慢性化して、骨が溶けはじめる。口臭もあり、歯が浮いたような感じがする。

  • 4.重度歯周病

    歯根を支えている骨がほとんど溶けてしまう。歯根が露出し歯のグラつきがひどくなる。

歯周病は「サイレント・アーミー(沈黙の病気)」と呼ばれるほど、症状の初期段階で自覚症状があらわれにくい病気です。

気付かないうちに歯周病が重度化すると、お口の中だけでなく、糖尿病や心臓病・脳の血管障害など、さまざまな全身疾患を引き起こすきっかけにもなってしまいます。

歯周病と関係の深い全身疾患の例としては、以下のようなものがあります。

糖尿病を悪化させる

これまで、歯周病は糖尿病の合併症の一つと考えられてきました。しかし、近年では、歯周病と糖尿病は相互に悪影響を与え合っていることが明らかになってきています。

ただし、これは同時に歯周病を治療することによって糖尿病を改善することができるということも意味しています。現在糖尿病を患っている方は、同時に歯周病の早期治療も望まれます。


低体重児早産の危険性が上がる

女性は妊娠すると、体内で「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンが豊富に生成されます(妊娠終期には月経時の10~30倍)。

エストロゲンは妊娠期に重要な役割を果たす一方で、お口の中の歯周病菌の増殖を促し、歯肉を形作る細胞を侵食する作用も持っています。そのため、妊娠すると歯肉炎にかかりやすくなります。

近年の研究では、妊娠中の女性が歯周病に罹患している場合、低体重児および早産の危険性が通常時と比べて7倍高くなるという統計結果が発表されています。

妊娠中は特に細心の注意を払い、プラークコントロールを行うことが重要です。


心臓・脳血管疾患のリスクを高める

心筋梗塞や脳梗塞は、何らかの原因で血管が狭くなったり、塞がることで各器官への血液供給が無くなり(または血管が破裂し)、最悪の場合には死に至る可能性もある危険な病気です。

近年の研究では、これらの病気の原因の1つに歯周病菌が関係していることが明らかになっています。

歯周病菌は体内で動脈硬化物質の生成を促し、血管内にプラーク(脂肪性沈着物)を発生させます。

このプラークによって血液の通り道が狭められ、心筋梗塞や脳梗塞などの症状を引き起こす原因となると考えられているのです。

動脈疾患予防のためにも、歯周病の予防や治療が重要となります。


誤嚥性肺炎を引き起こす

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)とは、食べ物や異物が誤って肺に入り込んでしまうことで細菌が侵入し、炎症を引き起こす病気です。

通常、肺には異物が入らないように、咳をすることで器官を守る機能がありますが、加齢に伴いこうした機能は衰えていきます。

歯周病菌は食べ物などと一緒に歯周病菌が肺の中へ入ってしまうと炎症を引き起こすリスクが高めるため、誤嚥性肺炎を予防していくためにも歯周病の予防・治療が重要となります。


プラークコントロール

プラークコントロールとは、虫歯や歯周病を発症させる原因となる口内の有害プラークを取り除き、無害な細菌グループがお口の中で支配的になる環境を整える、歯周病のもっとも基本的な治療法です。
プラークコントロールではまず、歯垢・歯石をキレイに取り除くプロのお口クリーニング(PMTC)を行います。その後、初期の治療で取り切れなかった歯周ポケット内部の歯石を取り除いていきます。


スケーリング・ルートプレーニング

プラークコントロールで口内の状況が徐々に改善してくると、歯周ポケット周辺に付着した歯石や汚れを取り除くためのスケーリング・ルートプレーニングを行います。これに加えて、正しいブラッシング方法もご指導いたします。
歯周ポケットの奥深くに歯石が付着している場合は、歯茎の切開などによって歯石を除去する場合があります。


歯周病がある程度進行している場合は、歯肉の切開を伴う歯周病治療が必要となるケースがあります。

歯茎にメスを入れる目的としては、主に次の3つが挙げられます。

手術の目的

  • 1.深い歯周ポケット内部の清掃
  • 2.破壊された骨や歯肉のかたちの改善
  • 3.再発予防のための歯肉の改善

歯周病はお口の中だけでなく、糖尿病や心臓病といった全身疾患も引き起こすリスクのある危険な病気であることをお分かりいただけたのではないでしょうか。

歯周病は、自覚症状が少ない病気のため「気付かないうちに症状が重度化してしまっていた」という患者さんは数多くいらっしゃいます。

定期的に歯科健診を受け、歯周病の早期発見・早期予防を心がけましょう。