一般歯科とは、虫歯や歯周病の治療、またそれらに侵された歯の修復(補綴治療)をメインに扱う歯科治療です。

近年では矯正治療や審美歯科などの新しい治療分野も増えてきているため、これらとは区別して『一般歯科』と呼びます。

虫歯治療や歯周病など、歯に関することでご質問がございましたら、お気軽に中川歯科医院までお問合せ下さい。

虫歯とは?

虫歯とは、口内の歯垢(プラーク)が生み出した酸によって歯が溶かされる病気です。虫歯は自然に治ることがなく、放置していると症状はどんどんと悪化します。症状が更にひどくなれば、虫歯の進行を止めるために歯を削る必要があります。なるべく歯を削らないためにも、しっかりとお口の予防管理を行い、虫歯や歯周病がこれ以上悪くならないように心がけることが重要です。悪くなってしまった部分は、最小限の治療を行います。

C0(脱灰) この段階の虫歯に痛みはなく、自覚症状もありません。
治療法:適切なブラッシングと予防処置により、再石灰化して治すことができます。
C1(エナメル質の虫歯) 歯の表面(エナメル質)の虫歯です。痛みは少ないですが、放っておけば虫歯が悪化してしまう状態です。
治療法:エナメル質を一層削り、CR(コンポジットレジン)というプラスチック系の材料を詰めて治療を行います。
C2(象牙質の虫歯) 歯の中(象牙質)の虫歯です。冷たいものや甘いものを飲食する時にしみる・痛むなどの症状が現れます。
治療法:治療は虫歯部分を削り、主に部分的な詰め物(インレー)で保護します。
C3(神経まで進行した虫歯) 虫歯が神経にまで到達すると、激しい痛みが生じます。
治療法:虫歯に侵された神経を取り、全体的な被せ物(クラウン)を装着します。

審美治療についてはこちら

C4(歯の根まで進行した虫歯) 歯の根まで虫歯が進行すると、化膿して膿が溜まります。
治療法:抜歯が必要となる場合があります。その後、入れ歯やインプラントなどによって歯の機能を回復します。

入れ歯治療についてはこちら

インプラント治療についてはこちら

虫歯は治療をした後の方が、初めて虫歯にかかるよりも虫歯リスク(再発する可能性)が高まります。そのため、治療後は特に注意して、お口の健康管理を行っていかなければいけません。

当院では患者様のお口の健康状態を良好に維持するため、歯の効果的なメンテナンス方法を治療後に分かりやすくご説明しております。また、定期健診にてお口のクリーニングを行うことにより、虫歯や歯周病になりにくい口内環境を保つためのお手伝いをしています。

ご自宅でのケアと歯科医院での定期健診を両立して、お口の中を常に清潔に保つ意識を身につけていきましょう。