八王子でインプラントなら中川歯科医院 / 歯科, 歯医者

中川歯科医院

tel:042-642-4182
インプラントメーカーについて

ブローネマルクインプラントシステム

ブローネマルクインプラントシステム40年以上前に世界で最初に臨床応用されたインプラントであり、その実績・世界的シェアは全てのインプラントメーカの中で一番であると言えます。当然、世に出された論文の数も世界で一番多く、インプラント専門医がEBM(科学的根拠のある治療)を考えるときに最も信頼できるインプラントのうちの一つであることに間違いはありません。ブローネマルクインプラントシステム(Nobel Biocare社)の一番の特徴は、その臨床応用範囲が非常に広いことです。およそインプラントに係わる全ての治療はこのシステムだけで可能であるといっても過言ではありません。
最近の潮流として「All-on-4」を始めとする即時負荷(Immediate Loading)のコンセプトはこの企業が発展させてきました。世界一という地位にあぐらをかかずに、次々と新しい商品・コンセプトを開発してくるそのエネルギーにはある意味圧倒されます。

3iインプラントシステム

ブローネマルクインプラントシステム1991年、かつてはブローネマルクユーザーだったR.ラザーラ博士が、より精密で利便性の高いシステムを希望し、自らが開発を手がけたインプラントです。開発当初は、基本的構造がブローネマルクインプラントと完全に互換性があるものだけでしたが、その後「オッセオタイト(二重表面酸処理)」を商品化した時期から独自のコンセプトに基づいたオリジナル構造のインプラントを数多く開発しています。現在アメリカでのシェアはNo.1であり、最新のトピックである「プラットフォームスイッチング」はこの3iから提唱された理論です。
ブローネマルクのNobel Biocare社とはまた違った商品開発力を持ち、まだ日本では認可されてはおりませんが、「Certain PREVAIL」「NanoTite」などは、非常に興味深い特徴を持っていると思います。当院では直接アメリカから買い付けを行いますので、どちらのインプラントも取り扱っております。使用用途は主に前歯部の審美インプラントとなっています。

ノーベルリプレイスインプラント

ノーベルリプレイスインプラント ブローネマルクインプラントシステムと同じくNobel Biocare社より供給されているインプラントで、ブローネマルクシステムとはアバットメント(インプラント体にネジで固定する土台部分)との連結様式が異なっているだけです。ブローネマルクで採用されているのが「エクスターナルコネクション」、ノーベルリプレイスが「インターナルコネクション」と呼ばれており、インプラントの成功率には科学的有意差はありません。双方に一長一短があり、一概にどちらが優れているとは言えません。
当院では、症例に応じて最適と思われるインプラントシステムを選択しておりますので、選択肢のうちの一つとお考えいただければ幸いです。

日本製のインプラント

なぜ日本製のインプラントを使用しないのですか?とよく質問を受けます。確かに自動車の世界では日本のトヨタが品質・マーケティング等、どの面をとっても世界一です。それ以外の分野においてにも、日本の技術力は世界中を席巻していることが多いと聞きます。
一方、インプラントに関してはどうでしょうか?アメリカインプラント学会(AO:Academy of Osseointegration)に毎年参加しておりますが、そこには日本製のインプラントの話は全く出現しません(アジアからは韓国のメーカーが2社、ブースを出して頑張っています)。どういうことかといいますと、日本製のインプラントは実績という点で明らかに世界に遅れをとっており、世界標準レベルでEBM(科学的根拠のある治療)が認知されているものは残念ながらまだないということになります。しかし、クオリティ面で考えると、一部の日本製インプラントは世界主要メーカーと遜色無いものが開発されつつあると感じておりますので、これからどんどん追いついていくと思われます。個人的には、GCインプラントが密かにかに期待しているメードインジャパンのメーカーです。

インプラント専門サイト
セカンドオピニオン,お問合せ
page top

八王子でインプラントなら中川歯科医院 / 歯科, 歯医者
Copyright© 中川歯科医院. All Rights Reserved.