八王子でインプラントなら中川歯科医院 / 歯科, 歯医者

中川歯科医院

tel:042-642-4182
審美歯科

ラミネートベニア

ラミネートベニア

歯の色をずっと綺麗に保ちたい、前歯に隙間があって気になる、歯並びを綺麗にしたいが矯正は嫌、前歯のバランスをよくしたい。そのような悩みを抱えている方に最も適している治療方法がラミネートベニアです。

ラミネートベニアは、歯をほとんど削らずに(削る場合でも約0.5mm程度です。全く削らない場合もあります)、薄いセラミックを歯の表面に貼り付ける治療方法です。(「付け爪」をイメージしていただければよろしいと思います。)ラミネートベニアによって、理想的な色・大きさ・バランスで審美性を獲得することが可能となります。通常の場合、治療終了までに3〜4回しかかかりません。

歯へのダメージは最小限であり、最終的にどこを治療したのかわからないという患者さんの声が多く見受けられます。ホワイトニングと比較して、元の歯の色に関係なく綺麗にすることができ、また、治療後の変色や着色もほとんどないという特徴があります。

ラミネートベニア治療ケース1

バランスの取れた左右対称の綺麗な歯並びにしたい(治療期間5ヶ月)

ラミネートベニア
ラミネートベニア
治療前
歯肉のライン・個々の歯が左右対称になっていませんので、ただただラミネートベニアを貼り付けただけでは患者さんが理想的とする状態にすることはできません。
まず初めに、審美形成外科にて歯肉のラインを整える必要がありそうです。その後、真ん中の2本はラミネートベニア、向かって左の2本は元々神経がないためオールセラミッククラウンを選択します。
治療後
ラミネートベニア、オールセラミックとも綺麗に入っており、バランスの取れた口元に改善することが出来ました。また、歯肉も左右対称に出来ましたので、患者さんに大変喜んでいただくことが出来ました。
一般的に形成外科が必要になるケースでは治療期間が長くなりますが、治療の完成度を高くすることができます。

ラミネートベニア治療ケース2

隙間を埋めて綺麗にして欲しい(治療期間2ヶ月)

ラミネートベニア
ラミネートベニア
治療前
右上の2番が矮小歯(先天的な形態異常)、1番が外傷による破折(レジン充填の変色)、また、歯と歯の間に隙間があります。このような場合、形態を整えるためには右上の2本は何らかの修復が必要になりますね。
治療計画は、右2番から左1番を ラミネートベニア で治療することにしました。まずは、ベニアの前にホームホワイトニングをしていただきます。
治療後
全体的に整合性の取れた仕上がりとなりました。これで隙間を気にせず、人前に大きな声で笑えますね。
セカンドオピニオン,お問合せ
page top

八王子でインプラントなら中川歯科医院 / 歯科, 歯医者
Copyright© 中川歯科医院. All Rights Reserved.