八王子でインプラントなら中川歯科医院 / 歯科, 歯医者

中川歯科医院

tel:042-642-4182
他院では骨が少なくて出来ないと言われてしまった患者さんへ

骨が少ないときの考え方

骨が少ないときの考え方 インプラント治療は、骨が十分にある場合は比較的簡単に施術できますし、術後の腫れや痛みはほとんどありません。通常の歯科医院でも十分対応可能でしょう。
しかし、骨が少ない場合はやや複雑な処置が必要な場合もあり、「あなたにはインプラントができない」といわれてしまった経験をお持ちの患者さんもいらっしゃることでしょう。
当院にもそういった方がよく相談にお見えになりますが、実際に拝見すると比較的簡単な方法でインプラントが可能なケースがほとんどであり、中には骨を全く造らなくても通常のインプラント埋入手術が出来るケースも数多く見受けられます。経験と技術力が違うのです。
当院では経験豊富なインプラント認定医が治療に当たりますので、骨が少なくて他院ではインプラント埋入が不可能だと診断された症例においても、インプラント治療を可能にします。

 

※但し、骨が非常に少ないケースでは大掛かりな骨造成が必要となる場合も多いため、治療期間の長期化・費用や手術回数の増加が避けられないときもあります。当院では、そういった患者さんの不安が少なくなるようにきちんと説明し、インプラント治療を受けていただくかどうかは最終的に患者さん自身に決定してもらえるよう最大限の努力を惜しみません。

傾斜埋入(Tilted Implant)

骨が少なくてインプラントを真直ぐに埋入することができない場合、意図的に斜めに埋入することにより問題解決できる場合があります。

傾斜埋入のメリット

傾斜埋入斜めに埋入することによりインプラントを既存の骨の中に収める事ができるため、骨の状況によっては手術当日に仮歯〜即時過重が可能である

  • 造骨を行わないため、治療期間の短縮・治療費の軽減につながる
  • 右図のように通常より長いインプラントを使用できるため、力学的に有利になることが多い
  • 後述のソケットリフト・サイナスリフトに比べて治療内容が単純なので、腫れ・痛みが少ない
  • 下顎において、神経の位置によってはこの方法でしか対応できないケースもある

 

傾斜埋入レントゲン画像右画像のケースは、他院で骨がないのでインプラントは難しいと言われ、仕方なく入れ歯を使っていた患者さんです。この部位にインプラントを3本埋入しようとすると確かに骨が足りませんので、上顎洞内への造骨が必要になり治療期間の長期化、費用の増加が避けられません。

しかし、当院では傾斜埋入をすれば余計な造骨は必要ないと診断し、手術はわずか30分で術後の痛みや腫れもなく終了しました。
この傾斜埋入によってインプラント治療が可能になった患者さんは数多くいらっしゃいます。ただし、意図的に斜めに埋入するのはある程度以上の経験が必要であり、どの歯科医院でもできるとは限りません。

また、斜めに入れてインプラントが壊れたりしませんか?と多くの患者さんから質問を受けますが、全く問題はありません。治療計画をしっかり立て、適切なバランスの取れた噛み合わせの調整を行うことにより、長期的なインプラントの成功率は従来の方法と同じであるという文献が数多く発表されています。

上顎洞へのアプローチ

上顎洞へのアプローチ上顎洞とは頬骨の内側辺りに位置する空洞のことで、奥のほうで鼻の穴(鼻腔)とつながっています。
上顎洞とインプラント治療の関わりですが、上顎の奥歯を失ってインプラント埋入を検討する場合、多くのケースでは上顎洞までの骨の高さが足らないことが多く、その結果インプラント埋入に苦労することがよくあります。
傾斜埋入のケースはまさにその典型的な例といえるでしょう。傾斜埋入することにより、上顎洞には触らない方法で対応可能でしたが、逆にそのようなケースのほうが少なく、上顎洞に対して何らかのアプローチをせざるを得ない症例が多いのが実情です。
このセクションでは、上顎臼歯部インプラント埋入に際して上顎洞が障害になっている場合に、当院が通常行っているインプラント埋入を可能にする考え方・テクニックについての説明をいたします。

ソケットリフト

ソケットリフトインプラントを埋入するための穴から上顎洞に中の骨を造るテクニックで、一般的に比較的多くの骨(一般的に4mm以上)が残っているケースに用いられるテクニックです。インプラントを入れるための穴からのアプローチになりますので、術後の腫れや痛みは通常のインプラント手術とほとんど変わりません。しかしながら、デリケートな上顎洞の粘膜(シュナイダー膜)を破らないように繊細な器具操作が要求され、また、直接その状態を目で見て確認することができないため、十分なトレーニングを積んだ経験豊富な歯科医師に任せることが必要とされています。(当院では年間30〜40症例)


サイナスリフト

ソケットリフトと異なり、インプラントを埋入する穴とは別の部分からアプローチする方法です。骨を作るスペースを直接目で見て確認が出来るため手術の確実性は高いといわれていますが、外科的侵襲(術後の腫れなど)がソケットリフトより大きいことがやや難点です。
特に骨が少ないケース(一般的に3mm以下の場合)や一度に多くのインプラントを埋入する必要がある場合には、サイナスリフトが有利な場合があります。

顎堤造成術(GBR:Guided Bone Regeneration)

インプラント治療を選択することによって、入れ歯・ブリッジなどの従来の不十分な治療法を受け入れる必要がなくなります。それ故、不幸にして歯を喪失した場合、インプラント治療を第一選択として検討する患者さんが増えています。
しかし一つ、問題があります。骨がないところにはインプラン治療は困難なのです。では諦めるしかないでしょうか? 実は、いくつか方法があります。そのひとつがGBR(顎堤造成術)と呼ばれる、失われた骨を新たに作るテクニックです。

GBR(顎堤造成術) GBR(顎堤造成術) GBR(顎堤造成術) GBR(顎堤造成術)
1.この状況では抜歯した穴が大きすぎてインプラントを入れることが困難です。 2.そこで、穴の中に骨が再生するように骨補填剤(自家骨or人工骨)を入れます。 3.上から保護膜(メンブレンと呼ばれます)で包みます。(メンブレンは使用しないこともあります) 4.組織を縫合します。

その後2〜6ヶ月待ち、インプラント埋入手術をします。骨が再生していますので、インプラント埋入が容易になります。また、インプラントの成功率自体も上がります。
上の図はインプラントを入れる前にGBRのみをするケースですが、当院では状況に応じて
・インプラント埋入と同時
・抜歯とインプラント埋入と同時
等、少しでも患者さんの負担を減らすように最適な治療計画を立てていきます。詳細は、担当ドクターが説明いたしますので、ご相談下さい。

インプラント専門サイト
セカンドオピニオン,お問合せ
page top

八王子でインプラントなら中川歯科医院 / 歯科, 歯医者
Copyright© 中川歯科医院. All Rights Reserved.