八王子で世界基準の歯科医療の提供する、中川歯科医院│インプラント、歯周病治療など

八王子,インプラント

tel:042-642-4182
ブログ

審美的な治療の考え方と進め方②

おはようございます。中川歯科@八王子 中川雅裕です。

今回は、前々回の投稿の続きとなります。この症例は、先日の東京医科歯科大学での講演会でもお話しさせて頂きましたので、ご存知の方もいらっしゃるかとは思います。

 

↓ これが治療後のレントゲン写真です。

conelog-implant

患者さんのご希望を最大限に尊重し、下顎は残存歯をすべて抜歯し、即時負荷を行いました。これによって一度の手術でインプラント埋入を終えることができ、同時にその日のうちに固定式の仮歯を入れて帰宅して頂くことができます。

一方の上顎は、下顎ほど状態は悪くなく、また本数も多かったため、最大限の歯の保存を試みどうしても必要な部分にのみ、インプラントを配置しました。手術回数は、右上・前歯・左上各々一回、下と合わせて全部で4回のみという大変少ない回数に留めることにより、患者さんの負担を最小限に抑えることができました。

今回は解説するスペースがありませんが、技工士と二人三脚の途中経過、講演では必ず出しますので、是非どこかで聞いてやってください。今年はあと一回しかありませんが…来年もそこそこの回数、講演を行う予定です。詳細は追ってご連絡させていただきますm(__)m

 

↓ 術後の全体像ですね・・・
この患者さんの術前の状態(こちらをご覧ください)からすると著しい審美的改善を得ることができました。もちろん単なる審美にとどまらず。。。
①きちんと噛める!
②患者さん自身で酔いに清掃できる!
などの、当たり前の条件も満たしています。簡単そうですが意外と難しいんですよ、これらを両立するのは・・・w

intra-oral-view

 

↓ 上顎前歯部の状態です。シビアな条件でも、原理原則に則ってきちんと基本戦略を考え、適切な治療を行うことで、このような審美的で管理のしやすい姿形へと変貌を遂げることが可能となるのです。

pfz-cr-br

 

↓ 一気の10歳以上若返りました!患者さんには、なんでも好きなものを食べられるようになったと、大変喜んでいただいています。

teeth-lip-relationship

メンテナンスの重要性

お久しぶりです。中川歯科@八王子 中川雅裕です。

またまた更新が滞ってしまいましたが、以前のブログでもお伝えした通り、この秋は講演活動が忙しく、なかなかブログを更新できる時間をとることが難しいのです。ごめんなさい・・・

しかし、11/20の顎咬合学会での講演を残すのみとなり、一息入れているところですが。。。なんと。。。第二の商売道具といっても過言ではないPCが壊れてしまい、昨日今日と、新しいPCのセッティングやデータの以降などで、無駄な時間を費やしてしまいました。何とかプレゼンテーションを作ることのできる環境まで戻ることができましたので、ほっとしています。

 

さて、どちらかというと、いつもは当クリニックの実際の治療について解説することが多いこのブログですが、今回はインターネット上のある記事をご紹介したいと思います。主にインプラント治療後のトラブルについて解説してあります。

まあ、元がNHKなので、あまりあてになりませんがね・・w

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161108/k10010760141000.html

 

5年から10年で4割のケースでインプラント周囲炎などのトラブルが発生している・・・

いささか大げさなデータだとはおもいますが、当院で施術したインプラントも極稀にトラブルに見舞われることがないわけではありません。

トラブルの原因は歯磨きの不足、かみ合わせの不調など多岐にわたりますが、記事の中にも記載されている通り、メンテナンスに来ていただき、プロのチェックを受ける!という点が一番重要だと考えています。

インプラントになるということは、何らかのリスクがあってそうなるわけですから、インプラントをされた患者さんは通常のそうでない方以上にそういった点に注意する必要があるでしょう。

 

明日から金沢出張なのですが、やや風邪気味で体調が芳しくありません・・

 

かなり寒くなってきたので、皆様もお体に気を付けて、元気にお過ごしください

 

では

 

中川

 

八王子でインプラントなら中川歯科医院 / 歯科, 歯医者
Copyright© 中川歯科医院. All Rights Reserved.