八王子で世界基準の歯科医療の提供する、中川歯科医院│インプラント、歯周病治療など

八王子,インプラント

tel:042-642-4182
ブログ

審美的な治療の考え方と進め方②

おはようございます。中川歯科@八王子 中川雅裕です。

今回は、前々回の投稿の続きとなります。この症例は、先日の東京医科歯科大学での講演会でもお話しさせて頂きましたので、ご存知の方もいらっしゃるかとは思います。

 

↓ これが治療後のレントゲン写真です。

conelog-implant

患者さんのご希望を最大限に尊重し、下顎は残存歯をすべて抜歯し、即時負荷を行いました。これによって一度の手術でインプラント埋入を終えることができ、同時にその日のうちに固定式の仮歯を入れて帰宅して頂くことができます。

一方の上顎は、下顎ほど状態は悪くなく、また本数も多かったため、最大限の歯の保存を試みどうしても必要な部分にのみ、インプラントを配置しました。手術回数は、右上・前歯・左上各々一回、下と合わせて全部で4回のみという大変少ない回数に留めることにより、患者さんの負担を最小限に抑えることができました。

今回は解説するスペースがありませんが、技工士と二人三脚の途中経過、講演では必ず出しますので、是非どこかで聞いてやってください。今年はあと一回しかありませんが…来年もそこそこの回数、講演を行う予定です。詳細は追ってご連絡させていただきますm(__)m

 

↓ 術後の全体像ですね・・・
この患者さんの術前の状態(こちらをご覧ください)からすると著しい審美的改善を得ることができました。もちろん単なる審美にとどまらず。。。
①きちんと噛める!
②患者さん自身で酔いに清掃できる!
などの、当たり前の条件も満たしています。簡単そうですが意外と難しいんですよ、これらを両立するのは・・・w

intra-oral-view

 

↓ 上顎前歯部の状態です。シビアな条件でも、原理原則に則ってきちんと基本戦略を考え、適切な治療を行うことで、このような審美的で管理のしやすい姿形へと変貌を遂げることが可能となるのです。

pfz-cr-br

 

↓ 一気の10歳以上若返りました!患者さんには、なんでも好きなものを食べられるようになったと、大変喜んでいただいています。

teeth-lip-relationship

母校での講演会

お久しぶりです。中川歯科@中川雅裕です。

この秋は色々なところからお声をかけて頂き、講演させていただく機会がたくさんあることは以前からお伝えしている通りですが、昨日第2弾として、母校である東京医科歯科大学での講演を無事に遂行することが出来ました。これもひとえに、普段からお世話になっている皆様のおかげですので、感謝の気持ちでいっぱいです。

今回の講演は、昔からの友人の兵庫県開業:米澤大地先生とコラボレーションさせて頂きました。彼は昔から自分のコースを持っていたり、全国各地で講演されたりと、いわば業界の若きスターといった感じの立ち位置ですので、今回は彼に胸を借りるつもりで臨みました。

私のお話した内容は、ジャンルから言えば審美治療とインプラントということになるのですが、単純にセラミックを入れました~~~~🎵 と云った類のものではなく、歯を支えている歯周組織、そこにフォーカスを当てて、もう少し地道な、しかし最も重要で根本的な内容をテーマとしました。レベル的にはややアドバンスなものが多かったと思いますが、講義ではなく講演ですので、聴いていただいた方の心に何かを焼き付けることが出来れば、いいのだと思います。

また次の機会を頂くことが出来れば、もちろん運営する方々の思惑次第ですが、もう少し教育的な内容も盛り込んでいければと思います!

☟医科歯科大学はJR御茶ノ水駅が最寄り駅の一つとなります。高校時代に通っていた予備校もお茶の水にありましたので、30年以上ほぼ変わりのない姿はある意味敬服します。周囲のお店は大きく変わってはいますが・・・w

14572394_1312058878807427_1398676842909498159_n

☟当日、受講して頂く先生方に配布されるテキストです。先生方が後に復習出来るように充実たものをお持ちいただけるように頑張ってしたためました。中身は・・・?
来ていただいた方のみ知ることが出来ます!w

14520616_1312058075474174_186444686315981326_n

☟メインの講演が終了し、受講された先生方からの質問に答えている筆者と米澤大地先生。アンケートでは、この質疑応答も良かったと好評を頂きましたのでほっと一安心といったところです。

14568070_1312058168807498_6176156600924696190_n

☟終了後のお疲れ様会にて。大学時代のクラブの先輩でもあるI先生から感謝盾を授与されているところですね。栄誉ある代物を折角頂いたので、クリニックのどこに飾ろうか思案のしどころです。

14568241_1312058462140802_3429989046434889012_n

 

とりあえずは、この秋の講演サーキットの中の二つ目の壁を乗り越えることが出来ました。しかしこれで安心できるのか?というと、まだいくつかの壁が残っています。

それら一つ一つを、滑落しないように十分に作戦を練って望んでいきたいと思います。

歯科関係者の方でご興味がある方は、そのどこかでお会いできることを楽しみにしております。

よろしくお願い申し上げます。

中川雅裕

 

 

早めに歯を入れて咬めるようにしてほしい!

お久しぶりです。中川歯科@八王子 中川雅路です。

先日、このブログでお伝えした通り、この秋は色々なところが声をかけて頂き、合わせて計7回の講演をさせて頂きます。各々の講演は、時間60分~2.5時間 内容は全て微妙に違いますので、それぞれに合わせてプレゼンを作っていくのは意外と大変でした。(まだ過去形ではありませんが・・・w)

メインイベントは母校:東京医科歯科大学での講演となりますが、そのほかの講演でも来て頂いている方々に楽しんでいただける、ためになるような内容とできるように頑張っていきたいと思います。

お時間ございましたら、是非お越しになってください!詳細は前回の ブログ をご覧ください。

 

さて、本日は久しぶりに当院でも治療をご紹介したいと思います。

患者さんが来院された理由は 『前歯が取れてしまった』 ということでした。お仕事が忙しく、行かなければ…と思いつつ、歯科への受診は後回しになってしまったそうです。奥歯も失われていまして・・・こういう場合、前歯への負担は想像を絶するものがあり、割と短期間で下の写真のようにセラミックを支えている歯根自体がダメになってしまうことが多いのです。

1 2 

外れた時のレントゲン写真です。向かって右の奥から2番目の歯(5番)も完全に歯根が割れていて、残念ながら残すことはできません。患者さんはインプラントも含めた固定式のセラミックを希望されているんですが。。。果たして前歯は残せるでしょうか?

3

感染象牙質(虫歯)を取り除いた後の前歯の写真です。真ん中よりの2本はうまくやれば何とか残せるとは思いますが、他の3本は全体的な状況からすると厳しいと判断しました。結局、何とか不安ながらも残せるのは4本のみとなってしまいました。
※治療期間と労力、治療費を無視すれば残せるかもしれませんが、患者さんの希望である『しっかりと噛みたい』事が実現可能となる仮歯が入るまでにはかなりの時間を必要とします。

4

患者さんとよく相談した結果、全ての歯の抜歯を行いインプラント即時負荷(入れたその日に固定式の仮歯まで完成させる)を行うこととなりました。下の画像は術後、仮歯まで装着し状態のレントゲン写真となります。結果としては All-On-4 の形になっていますが上顎の場合は力のかかり方から考えると、通常は6本程度が適当となります。

5

今日で2週間が経過しましたが、いたって順調に推移しています。

こういった方法は残っている歯の数と質、残っている部位によっては非常に効果的です。
私が歯を残すために歯医者をやっていることは間違いありませんが、時と場合と目的によってはこの様なアグレッシブな方法をとることが月に一回程度はあります。

 現在、比較的大きな入れ歯を入れている方でインプラントをお考えの方には、状況によってはお勧めできる方法ですね。実質的に半日で、かつ通常は一回だけの手術で固定式の歯が入るため、多くの患者さんに喜ばれています。
前歯に大きく骨を作る手術に比べれば自由度が高く、決して難易度の高い方法ではありませんが、きちんと成功させるためには十分な経験とトレーニングが必要となります。当院では10年以上前からコンスタントに継続して治療を行っており、現在では100症例以上の実績を持っております。
ご質問などございましたら、ご連絡いただければ幸いです。
では、次の更新でお会いしましょう
中川歯科 中川雅裕

前歯部の審美的なインプラント

こんばんは 中川歯科医院@八王子です

先週末は、歯科界では恐らく初めての試みとなるイベントのお手伝いを少ししてまいりました。詳細は省きますが、これからの日本の歯科界を背負っていく若い世代に一石を投じる講演会だったと思います。

 

先日見えた患者さんの経過が良好だったので、一般的な前歯のインプラント治療の考え方を解説したいと思います。

⇓ 初診時の状態ですね。古いセラミックをやり替えをご希望ですが・・・

1

⇓ 外してみるとご覧の通り、あまり良い状態とは言えません。特に側切歯(写真の小さい方)は外側から歯根が吸収されており、残念ながら保存が難しい状態でした。

2

⇓ このような場合、部分矯正の考え方を取り入れることにより、抜歯前に歯周組織(歯肉)を作っておくことが可能です。こうすることによって、インプラント埋入後の組織の萎縮を補償することが可能となります。

3

⇓ インプラント埋入と同時に人工骨と歯肉の移植を行いましたので、組織の喪失は最小限の量で済んでいます。何もしないと思った以上にインプラント周囲組織がなくなってしまうのですが、そうなると審美性と長期にわたる安定を得ることが出来なくなります。あとから組織を足すのは大変難しいので、最初の手術で何をするかをよく考えておくべきなのです!

6

⇓ 3年後の状態。側切歯はやや長めの仕上がりとなってはいますが、むしろ、仮歯の時よりも歯肉は安定しているように思えます。今回は患者さんの希望が無かったのでやりませんでしたが、必要とあらば中切歯(真ん中の歯)も引っ張ることにより完全に左右対称という状態を作る出すことは可能です。通常は我々が拘るほどには患者さんは気にしないことが多いのですがね・・・

7

では、また次のネタを考えながら、今日は床に就きたいと思います。

Adios!

 

中川歯科

 

インプラント手術について

こんばんは

中川歯科医院@八王子 院長の中川雅裕です。

ご迷惑をおかけしていたエレベーター工事も無事に終了し、現在フルスロットルで診療中となっています。今年から歯科衛生士が増員された関係上、メンテナンスにおいでいただく方も飛躍的に増えています。

8月~9月は例年になくインプラント手術が多かった月でもありました。もちろん10月もその勢いは持続しており、既に15本くらいのインプラントを埋入しています。

今回はそのうちのいくつかを誌面にて解説させていただきます。

 

『入れ歯が合わないため食事がうまくできない!』ということでいらっしゃった女性の方です。拝見すると入れ歯のわりに噛む力が非常に強い方でした。また入れ歯自体を小さくしたいというご要望もあったため、上顎には4本のインプラントを埋入し、上あごの部分を取り除いた違和感の少ない入れ歯を提供することとしました。当院常設のCTで計画することにより、メスで切らないオペをすることができ、患者さんは術後の腫れがないと大変喜んでいらっしゃいました。蛇足ながら、左下の某インプラントは私の仕事ではありませんので、ご勘弁くださいwww

IOD

 

 

この患者さんは、以前のこのブログでもご紹介させて頂いた方です。約2か月前に行った上顎の即時負荷(手術当日に固定式の歯が入る)手術のその後は大変安定しており、手加減して頂きながらも快適な毎日を送られているとのことです。その後右下に1本追加埋入を行い、先日左下の手術を行いました。最終的に3本の歯を作りますが、そういう場合は両端に入れた2本のインプラントで支えるブリッジを作ることが多いですね。骨が少なかったため、人工骨で土手を再建する術式も併用しています。蛇足ながら、今回埋入したインプラントは日本が世界に誇る巨大歯科企業 『GC社』 のインプラントです。まだ使って日が浅いのですが、かなりいい感じです。尚、上部構造との連結機構は私がメインで使っている 『BIOMET社』 と完全に互換性があるため、一つの口腔内に異種のインプラントが全く問題ないことを付け加えておきますね!

GC

 

 

大きなケースを二つ見ていただきましたが、現実的には2-3本のインプラントを入れる方が多いのは事実です。この方も3本!

出来る限り自分の歯をいい状態で保存するということが中川歯科の基本コンセプトですので・・・

先日は左上の犬歯部分に一本、追加で埋入しました。この方も噛む力が大変強く、神経のない歯が歯ぎしりで割れてしまったためです。ただ、割れてから日が浅く、それほど多くの顎堤再建を必要としなかったため、患者さんは手術後が楽だったとのことでした。やはり割れている歯を残すことはそれなりにリスクがあり、それによってその歯をいたわるあまり他の部分に負担がかかってしまったり、あるいは口腔全体のバランスが崩れてしまったりしたら(特に犬歯は噛み合わせの要なんです!)、それは本末転倒甚だしいわけです。最終的には患者さんの判断に委ねているのですが、私は全体のバランスを考えて抜歯するか否かを検討しています。『木を森を見ず』、それだけは避けたいものですね!

ActiveNobel

 

ということで、明後日のインプラント初心者の方々のセミナーまであと30時間くらいとなってしまいました。まだ当日お話するプレゼンテーションが完成していないのですが、気分転換にブログなどをたしなめてみましたwww

現場復帰いたします

また来週・・辺り…?  ごきげんようでございます

 

 

一日で噛める様になる高度インプラント治療

皆さん こんにちは. 中川歯科@八王子です。

本日は日曜ですが、私は歯科医師会の当番で休日診療要員として仕事をしております。幸か不幸か、お見えになる患者さんはあまりおらず・・・きっと天気が悪いからなんだと思いますが(笑) ということで、久々にブログを書く時間が舞い降りてきました!www

中川歯科の8月は、多くの患者さんのインプラント手術を行った月でした.

1本欠損から複数歯欠損、果ては全ての歯がない方まで・・

そこで本日は インプラント手術をしたその日にすぐ固定式の仮歯を入れられる治療 について、少しだけお話いたします。また、 こちら も合わせてご覧頂くことでより理解が深まると思います.

最後に残っていた差し歯が取れてしまったと来院されました。入れ歯は絶対に嫌だということでインプラントを希望されています。骨の量はそこそこあったため、相談の結果、インプラント手術当日に固定式の仮歯を入れる治療方法をお勧めいたしました。

All-on-4a

こういう場合は特に、上下のかみ合わせのバランスが大事となりますので、手術の前にしっかりと検査を行い、その結果に基づいて緻密な治療計画をたてて行く必要があります。この患者さんの場合は下顎臼歯部にもインプラントを入れていく予定ですでの、それを見越したインプラントの位置や骨の増大量を決定していきます。

All-on-4b

インプラントを適切な位置に埋入し、当日に入れていただく義歯(ブリッジ)を調整したところです。前歯の部分は骨がやや少なかったため、理想的な位置よりもやや内側になりはしましたが、最終的に特殊なパーツを用いてネジ穴の位置を補正し完成後の手入れをしやすくします。

All-on-4c

正面から見たところです。歯がないことが長年の当たり前だった方ですので慣れるには数日を要すると思いますが、見た目的にも著しい改善がみられ、また、ある程度なら食物を噛んでいただいても差し支えありません。翌日ご連絡を差し上げましたが、痛みもほとんどなく、落ち着いているようで一安心です。

All-on-4d

術後のレントゲン写真です。バランスのとれたいい位置へのインプラント埋入が達成できていると思います.元々の骨のレベルにもよりますが、ある程度連続性を持ったインプラントポジションが大切だと思います.足かけ10年、このような即時負荷のケースは100症例くらい経験していますが、常に患者さんの負担が比較的少ない手術を心がけています。
暫くして上が落ち着いたら、下の奥歯のインプラント手術を順次行っていくことになります。

All-on-4e

インプラントや歯周病、審美に関するご質問、ご要望は是非中川歯科医院へご相談ください。いい解決策を一緒に見つけていきましょう!!!

では・・・

 

 

ブログ再開しました

皆様 お久しぶりです。中川歯科@八王子でございます。

時は 8/16 終戦の日の翌日となります。きっと夏休み最終日、明日から仕事に向かわれる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

GMOブログシステムの不具合により消滅した(と思われるw)ブログを心機一転、全く別のシステムを用いてリニュアールしました。

数か月にわたる滞り期間中、中川歯科の最新情報をお伝えできなかったことに深くお詫び申し上げるとともに、今後とも引き続きの最新の情報発信を継続していく所存ですので、皆様、よろしくお願い申し上げます。

さて、今年の夏は記録的な暑さとなり、中川歯科の患者さんも夏枯れか?と思っていましたが、全くそんなことはなく、多くの患者さんがお見えになっています。

特に明日月曜からは毎日インプラントなどの手術が予定されており、私も気力を充実さえているところです。

ということで、久しぶりの更新なので、最近のインプラント・ケースをお伝えいたします。
患者さんは50歳代の男性 奥歯に複数本のインプラントを希望されています。歯を失い始めてから噛み合わせがおかしくなったということで、最終的に機能回復を目的とした矯正を行う予定でいます。そのためにはまず奥歯にインプラント入れ、奥歯で顎の位置が保持される形を作らなくてはならないのですが、診断の段階で矯正後の歯の位置を予測し、それに合わせた位置にインプラントを入れていく必要があります。

Biomet 1

まずは右側から入れていきます。このような上下とも失われているケースでは本来あるべき歯の数よりも少なく仕上げる場合もあります。基本的には6番目まであれば十分だと私は考えております。このケースでも上下に一本ずつのインプラントを埋入しました。

Biomet 2

次に左下に2本のインプラントを入れていきます。来週、左上の追加埋入と骨造成を兼ねた手術を予定しています。まだまだ先は長いのですが、ここまで壊れた原因を根本的に改善しない場合は必ず短期間に同じようなトラブルが起こってくると考えますので注意が必要です。

Biomet 3

 

では、本日はこの辺で・・・

皆様のお問い合わせをお待ち申しております。

 

 

 

 

 

 

 

八王子でインプラントなら中川歯科医院 / 歯科, 歯医者
Copyright© 中川歯科医院. All Rights Reserved.