八王子でインプラントなら中川歯科医院 / 歯科, 歯医者

中川歯科医院

tel:042-642-4182
審美歯科

メタルセラミッククラウン

メタルセラミッククラウン

メタルセラミッククラウンは従来から多用されている審美治療であり、何といってもその強度と取り回しのよさは他の追随を許しません。審美的にオールセラミッククラウンに劣る部分もありますが、ケースによってはオールセラミッククラウンが使用不可能な場合もあり、将来に渡って決してなくなることのない治療方法のうちの一つです。当院では、奥歯の審美治療を行う場合、第一選択としてこのメタルセラミッククラウンを用いる場合が少なくありません。
また、ロングスパンブリッジ(多くの歯がつながっているケース)や複雑で特殊な入れ歯(アタッチメントやコーヌスなど)を用いる複合ケースでは、メタルセラミックが最適な場合があります。

メタルセラミッククラウン治療ケース1

長持ちする材料できちんと治してほしい

メタルセラミッククラウン
メタルセラミッククラウン
治療前
硬いものを噛んだ時にセラミックを支えている歯が割れてしまい、現在は仕方なく入れ歯を使用しているものの、審美的・機能的に著しい障害があるということで、全体的なことも含めて固定式の歯をご希望です。
抜歯されている部分の歯肉(骨)が痩せており、このままブリッジを作っても綺麗にはなりません。また、残りの部分も縦横のバランス・歯肉のライン共に理想的とはいえません。
コンサルテーションの結果、審美形成外科で歯肉のラインを整え、また、痩せている土手には歯肉移植をしてボリュームアップをはかり、最終的にメタルセラミックブリッジを入れることになりました。
治療後
全体的に整合性を得ることができ、歯がない部分の土手とセラミックの関係も非常に自然で審美的な状態であるといえます。入れ歯から解放された患者さんは、やっと本来の自分の戻ることができたとたいそう喜ばれました。
セカンドオピニオン,お問合せ
page top

八王子でインプラントなら中川歯科医院 / 歯科, 歯医者
Copyright© 中川歯科医院. All Rights Reserved.