八王子でインプラントなら中川歯科医院 / 歯科, 歯医者

中川歯科医院

tel:042-642-4182
医療機器紹介

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)

マイクロスコープ 非常に細かい治療を行う歯科治療の中で、人間の目では限界があります。中川歯科医院では、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を設置し、精度の高い治療を心がけております。

ただ拡大して見るだけなら、頭に装着するタイプの拡大鏡もあります。しかし、マイクロスコープなら映像をモニターに写し、患者様にご自身の状態をお見せすることができるのです。
患者様へ治療への理解を深めて頂くという最大のメリットがここにあります。

CT-ガリレオス

CT-ガリレオスガリレオスは、高い画像クオリティと低被曝の両方を実現する歯科用CTです。従来の2次元のレントゲンと比較し、歯科用CTは3次元で画像を確認でき、患者さんにより安全な治療を提供できます。

昨今のインプラント治療では、CTによる撮影は必須の項目のひとつだといえます。


歯科用CTの主なメリット

1.得られる情報量が格段に多く、お口の中の状態を正確に把握できる。
2.被爆量が少なく患者さんへの負担が少ない。
3.撮影時間が短く、患者さんをお待たせしない。
4.撮影した画像はデジタルデータのため、撮影してすぐに確認することができる。

CO2(炭酸ガス)レーザー(オペレーザー)

CO2(炭酸ガス)レーザー(オペレーザー)新開発のマニピュレーターを採用し、コンパクトかつ操作性に優れたレーザーです。当院では主に、インプラント治療時・術後消毒時・歯周病治療など、軟組織に対する処置に使用しております。今までにない集光性能で効率よい切開・蒸散が可能となっており、温熱効果・赤外線効果・光触媒効果などの作用により、絶大な効果が期待できます。

経験上、通常の3倍のスピードで歯茎が治癒していきます!自費診療を選択された患者さんは、何回でも無料です。

【その他のCO2レーザーの適応症】
知覚過敏への処置 歯肉のメラニン色素除去 フッ素との併用による虫歯予防処置 口内炎の処置 顎関節症の痛みの緩和


エアーフロー(歯面清掃器)

エアーフロー(歯面清掃器)きちんとハミガキをしていても、歯の表面には外来性の色素が沈着してきます。そんなときは、このエアーフロー!
さわやかなレモンフレーバーのパウダーをジェット噴射で吹きつけ、歯の表面に付いた茶シブやタバコのヤニなど取り除き、本来の歯の色にクリーニングします。その後は歯科衛生士が専用器具で歯の表面をツルツルに磨きます。

【(PMTC)その他、主な用途】
プラーク・バイオフィルムの除去 インプラント手術前の徹底的なクリーニング 歯質と修復材のより良好なボンディング面の確保 インプラント体表面のクリーニング


ピエゾサージェリー

ピエゾサージェリー主に、インプラント手術・歯周再生療法時に使用します。強力な超音波により骨の切削を行う機器で、通常のドリルやバーなどの回転による切削と異なり軟組織を傷付けることがありませんので、神経損傷や粘膜損傷のリスクが飛躍的に少なくなります。ピエゾサージェリーは非常に有用であり、特に骨移植を伴う大きな手術の際には、従来の半分の時間で手術が完了するほどです。
ピエゾサージェリーは通常日本では手に入れることは出来ませんので、副院長がアメリカ学会参加の際の購入してきたものです。

【主な用途】
サイナスリフト、ソケットリフト時の上顎洞粘膜の剥離 骨移植時の骨の採取 インプラント埋入時に従来のドリルの代わりに使用


生体管理モニター

生体管理モニター 主にインプラントなどの手術時に使用しますが、基礎疾患(高血圧など)をお持ちの患者さんの場合、通常の処置にも用いることがあります。患者さんの全身状態を確認しながら治療できることは非常に有用であり、全身的なトラブルを未然に防ぐことが出来ます。終了後はデータを紙に打ち出し、再度確認することが可能です。
医科の世界では手術時のモニタリングは当たり前になっており、当院でもそれを基準としております。

超音波洗浄器

超音波洗浄器 全ての器具は、滅菌器に入れる前に超音波洗浄器に入れられます。これにより、ブラシなどが届かない細かいところに付着した血液などによる感染因子を大部分取り除くことが出来ますが、これだけではまだ消毒レベルです。その後滅菌器に入れることで、初めて滅菌が完了したといえます。

口腔内カメラ(ウェーブピクト)

口腔内カメラ(ウェーブピクト) 口腔内診査、ブラッシング指導など、患者さんにご自分のお口の中を見て頂く時に使用します。口腔内カメラで撮影されたデータはメディアに保存されユニット上のモニターでいつでも見ることができますので、一つの記録としても役に立ってくれます。

インプラントオぺ用ドリリングユニット

インプラントオぺ用ドリリングユニット 当院では、非常に信頼性の高いオーストリアW&H社のユニットを使用しています。滅菌に対する考え方がしっかりしており、各パーツの耐久性も非常にすばらしいものがあります。万が一、手術中にユニットの調子がおかしくなっても心配は要りません!当院には全く同じ予備のドリリングユニットがもう一台あり、バックアップ体制に万全を期しております。全ては患者さんの安全のためです。

口腔外バキューム(フリーアーム・フォルテM)

口腔外バキューム(フリーアーム・フォルテM) 治療時の粉塵や飛沫を優れた集塵効果で捕集し、診療室をクリーンな状態に保ちます。

院内感染への取り組み

滅菌器:インプラント・外科症例の多い当院には2台の滅菌器があります。基本的には使い捨てを原則としておりますが、再使用するものはすべて下記のいずれかの滅菌システムを行い、患者さんへの安全・安心の体制を提供しております。

高圧アルコール蒸気滅菌器(ケミクレーブ)

高圧アルコール蒸気滅菌器(ケミクレーブ) アルコールを使用した滅菌器で、通常のオートクレーブ(滅菌器)と比較すると、水の代わりにアルコールを使用しておりますので乾燥の必要がなく、器具が痛みにくい・錆びにくいというメリットがあり、一部プラスティックを除いてはほとんどのものが滅菌可能です。ケミクレーブで滅菌できないものは基本的に全て使い捨てです。
当院では、手術時に使用する器具はほとんど全てこのケミクレーブで滅菌を行っています。

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ) 広く一般的に使用されているタイプの滅菌器です。真空状態と蒸気の注入を交互に繰り返し、中に挿入されている全ての器具内部・細部に至るまでに高温の蒸気を行き渡らせます。最終的には2気圧・132度という高温状態になり、乾燥を行います。当院では主に、基本器具(ピンセット・ミラーなど)を滅菌するときに使用します。

薬液滅菌

その他、どうしても再使用が必要ながら滅菌器にかけられないもの、インプラント手術中に使用するレジン(プラスティック)製のテンプレートなどに関しては、薬液(フルクタラール溶液)の使用を徹底しております。フルクタラールは非常に強い殺菌力を持ち、わずか5分間漬けておくだけでオートクレーブ滅菌と同等の効果が得られると報告されています。しかし強い腐蝕性があるため、金属を含んだ器具や一部のプラスティック製品には使用できない欠点もあります。そのようなものは、基本的に使い捨てとなっております。ご安心ください。

レントゲン検査

レントゲン検査レントゲン検査 歯科の基本的な検査として、このレントゲン検査があります。歯の状態を知るためには、目視することができない歯根部分などの情報が必要不可欠だからです。インプラント治療だけでなく、歯周病や虫歯の治療等様々な場面で利用します。
口腔内全体を撮影できるパノラマレントゲン(写真左)と、1〜3歯程度を撮影するデンタルレントゲン(写真右)があります。それぞれの特徴を活かし、症状によってこれら2つのレントゲンを使い分けます。

セカンドオピニオン,お問合せ
page top

八王子でインプラントなら中川歯科医院 / 歯科, 歯医者
Copyright© 中川歯科医院. All Rights Reserved.