八王子で世界基準の歯科医療の提供する、中川歯科医院│インプラント、歯周病治療など

八王子,インプラント

tel:042-642-4182
ブログ

全ての基本となる丁寧な虫歯治療

こんにちは 中川歯科@八王子 院長のMASSAです。

昨日は9月まで中川歯科に勤めていたDr.菊島の新しいクリニックを畏敬訪問してまいりました。たまプラーザというハイソな街で頑張っているようです。お近くにお住まいの方、一度訪ねてやってくださいw

http://blue-leaf-shika.com/

 

さて、中川歯科はインプラントや審美歯科を中心に動いていると思われがちですが、実は今日ご紹介するような虫歯や歯周病治療などの基本的な治療が一日の多くの部分を占めています。高度な治療を成功させるためにはこういった目に見えない部分をきっちりと治療することが大変重要なのです。

見えるところだけ・・・という中身のない治療は厳に慎まなけれなばりません、科学者のはしくれとして・・・

 

☟保険治療の銀歯の下が虫歯になっており、再治療が必要です。痛くなくても、このように虫歯になっている歯って結構多いんですよ!特に10年以上経過した銀歯などには・・。当院では下記の理由によりラバーダムを使用した治療を行うことがほとんどです。ただ、どうしてもラバーダムをかけられない歯というものが極く稀にあります(例えば背の低い親知らずなど)ので、その時は 『使ってないじゃないか!』 とは怒らないようにお願いいたしますw

DSE_9736

☟銀歯を除去。銀歯との隙間から侵入した細菌で中は虫歯だらけでした。もう少しおいていたら、大切な神経を取らないとダメだったかもしれませんね・・・

DSE_9737

☟黒い部分を取り除いてもまだまだ油断はできません。虫歯検知液で赤く染まっている部分にはまだ虫歯が残っています。削り過ぎに注意して丁寧に取り除いていきましょう。

DSE_9738

☟全て虫歯を取り除きました。一部は大変深い虫歯だったので、次亜塩素酸とオキシドール(過酸化水素)で時間をかけて丁寧に消毒を行っていきます。

DSE_9739

☟消毒が終わりました。歯の中のちょっと赤く見える部分は神経が露出している部分です。ここから先、どうやったら再度の感染を防ぎ、神経を保存することができるでしょうか?

DSE_9740

☟神経を保存するためには、現時点では 『MTA』 という特殊なセメントで封鎖することが推奨されています。白く見えるものがそれですね。神経が出ていない部分は通常の接着技法を用いて封鎖すれば問題ありません。

DSE_9741

☟接着剤を用いて、レジンという樹脂で虫歯の穴を完全に封鎖します。しばらく経過を見て問題が出ないことを確認したのち、セラミックや金などで歯の形を修復していきます。(この症例では後日 emax という審美性と耐久性を兼ね備えた優れた材料を用いて修復しました。)

DSE_9742

 

インプラントや審美治療は派手であるが故に脚光を浴びることが多いですが、足元を固めるこのような基礎的な治療をきちんとやってくれるクリニックで治療を受けてください。

ローマは一日にして成らず

インプラント手術について

こんばんは

中川歯科医院@八王子 院長の中川雅裕です。

ご迷惑をおかけしていたエレベーター工事も無事に終了し、現在フルスロットルで診療中となっています。今年から歯科衛生士が増員された関係上、メンテナンスにおいでいただく方も飛躍的に増えています。

8月~9月は例年になくインプラント手術が多かった月でもありました。もちろん10月もその勢いは持続しており、既に15本くらいのインプラントを埋入しています。

今回はそのうちのいくつかを誌面にて解説させていただきます。

 

『入れ歯が合わないため食事がうまくできない!』ということでいらっしゃった女性の方です。拝見すると入れ歯のわりに噛む力が非常に強い方でした。また入れ歯自体を小さくしたいというご要望もあったため、上顎には4本のインプラントを埋入し、上あごの部分を取り除いた違和感の少ない入れ歯を提供することとしました。当院常設のCTで計画することにより、メスで切らないオペをすることができ、患者さんは術後の腫れがないと大変喜んでいらっしゃいました。蛇足ながら、左下の某インプラントは私の仕事ではありませんので、ご勘弁くださいwww

IOD

 

 

この患者さんは、以前のこのブログでもご紹介させて頂いた方です。約2か月前に行った上顎の即時負荷(手術当日に固定式の歯が入る)手術のその後は大変安定しており、手加減して頂きながらも快適な毎日を送られているとのことです。その後右下に1本追加埋入を行い、先日左下の手術を行いました。最終的に3本の歯を作りますが、そういう場合は両端に入れた2本のインプラントで支えるブリッジを作ることが多いですね。骨が少なかったため、人工骨で土手を再建する術式も併用しています。蛇足ながら、今回埋入したインプラントは日本が世界に誇る巨大歯科企業 『GC社』 のインプラントです。まだ使って日が浅いのですが、かなりいい感じです。尚、上部構造との連結機構は私がメインで使っている 『BIOMET社』 と完全に互換性があるため、一つの口腔内に異種のインプラントが全く問題ないことを付け加えておきますね!

GC

 

 

大きなケースを二つ見ていただきましたが、現実的には2-3本のインプラントを入れる方が多いのは事実です。この方も3本!

出来る限り自分の歯をいい状態で保存するということが中川歯科の基本コンセプトですので・・・

先日は左上の犬歯部分に一本、追加で埋入しました。この方も噛む力が大変強く、神経のない歯が歯ぎしりで割れてしまったためです。ただ、割れてから日が浅く、それほど多くの顎堤再建を必要としなかったため、患者さんは手術後が楽だったとのことでした。やはり割れている歯を残すことはそれなりにリスクがあり、それによってその歯をいたわるあまり他の部分に負担がかかってしまったり、あるいは口腔全体のバランスが崩れてしまったりしたら(特に犬歯は噛み合わせの要なんです!)、それは本末転倒甚だしいわけです。最終的には患者さんの判断に委ねているのですが、私は全体のバランスを考えて抜歯するか否かを検討しています。『木を森を見ず』、それだけは避けたいものですね!

ActiveNobel

 

ということで、明後日のインプラント初心者の方々のセミナーまであと30時間くらいとなってしまいました。まだ当日お話するプレゼンテーションが完成していないのですが、気分転換にブログなどをたしなめてみましたwww

現場復帰いたします

また来週・・辺り…?  ごきげんようでございます

 

 

SW(シルバーウィーク)

皆様 こんにちは

エレベーターの入れ替えで休診とさせて頂き、いろいろとご迷惑おかけしております。診療再開は28日月曜からとなりますので、よろしくお願いいたします。

さて、シルバーウィーク真っ只中ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?幸いなことに、この連休中は天気がよく、全国各地大勢のお客さんで賑わっているようですね。

私は、(日)(月)で長野~山梨へとゴルフ合宿へと行って参りました。スコアは・・・あってないようなものです。ちっともうまくなりませんね(笑) こればかりは、地道に練習を積み重ねて行くよりほかはありませんね。まさに我々の仕事と一緒です!

12038044_1061696170510367_7064698104601039145_n 12027825_885143648239415_1161651414878642589_n

 

 

銀歯を少なくして、昔の自分に戻りましょう!

皆様こんにちは 中川歯科@八王子の歯科医院です

昨日から東海地方に接近していた台風18号の余波で、関東地方は不安定な大雨に見舞われています。皆様、ご苦労されてはいないでしょうか?

さて、私はといえば、本来であればこの水曜木曜は師匠筋の北陸への出張の予定でした。

しかし、この台風の襲来です。

同行予定の友人は羽田からの飛行機を予約していたそうですが、2日前に早々と欠航の知らせが来たとのこと・・・私は新幹線を予定しておりましたが、早々の欠航決定から相当大きな台風であることが推測され、またその状況によっては新幹線までもが運休しそうな雰囲気を感じました故、友人と相談の結果、昨日のうちに全ての予定をキャンセルし、出張自体を断念しました。

この決断は、危機管理上致し方のないことだと納得しています。

し か し…

今日蓋を開けてみたら、荒れていたのは関東だけで、北陸は台風の影響は皆無だったようです。またもやマスコミの過剰な報道に踊らされた自分の不甲斐なさに呆れております。もちろん危機管理が重要なのは言うまでもありません・・・我々の仕事においても 『一か八か?』 などという治療計画の選択はあり得ません!

で す が・・・

金沢に行った別の友人からの連絡に添付してあった青空の写真を見るにつけ、この2日間の休診は何なのか!?と、納得がいかない自分がいるわけです。

出張がなくなったからといって急に患者さんをお呼びすることもままなりませんので、現状は自宅でたまった仕事をこなしながら、やり場のない不満を文字にぶつけている次第です!

さて、そんな1日を送っている中川ですが、ここからは仕事のお話しをします。

 

↓私たちのクリニックにも多くの初診患者さんが来院されますが、多くの方の口腔内にはこの写真のようにたくさんの銀歯が入れられており、またそれが普通だとお考えの方もまだまだ数多くいらっしゃいます。しかし以前にも申しました通り、このような悲惨な審美的状況は世界広しといえど日本だけであり、また最近では、特に保険で使用される粗悪な金属は長期的に体に害を及ぼす可能性が非常に高い!という疫学的研究結果が出ております。(もちろん管轄する厚生労働省はそんなことは一切公言しませんけれど・・・)

DSC_5069

 

↓この患者さんは女性の患者さんですが、噛む力が非常に強く、恐らく寝ている間にかみしめをされています。そこに形態の悪い銀歯が入れられてしまったために効率の良い咀嚼を営むことができなくなり、結果として奥歯が歯周に侵されていました。患者さんにその旨を説明し、この機会に悪いところは全て綺麗に治療をやり直したいということでした。その治療結果がこの2枚の写真となります。左の上下に2本だけ金属が入っていますが、これはちゃんとした理由があってこの選択をしたんですよ。つまり、①部分的な修復(インレーアンレータイプ)のため、金属のほうが歯を削る量を少なくすることができる. ②見えない部分のため患者さんの審美的要望は少ない. ③金属のほうが噛む力で割れたり外れたりすることが少ない.

もちろん、材料は高品質な金合金を使用していますので、懸念される体への悪影響はほぼ皆無であると言われています。

もちろんどうせお金をかけるなら白くしたい!とお考えの方もたくさんいらっしゃいますので、患者さんのご希望により他の歯と同じように審美的なセラミックを使う治療も何の問題もありません。

DSC_0173

 

↓横から見たところですが、銀歯からセラミックに変えた部分の歯が長くなっていることがわかると思います。これは歯周再生療法をきちんと行った結果歯周組織が正常な状態を取り戻せたからであり、同時に今後末永く使っていただくための日々のメンテナンスのしやすさも手に入れることができました。

DSC_5074

 

患者さんは審美的で噛みやすくなったこの治療結果に大変満足されています。外科手術が入りましたので治療期間は約1年弱かかりましたが、今後の自分の20年を考えたら1年という治療期間は決して長くはないですよ!という患者さんのお言葉を頂戴していおります。

では、またお会いしましょう。

見かけだけではない、真の審美治療をご希望の方は是非ご相談ください。

一日で噛める様になる高度インプラント治療

皆さん こんにちは. 中川歯科@八王子です。

本日は日曜ですが、私は歯科医師会の当番で休日診療要員として仕事をしております。幸か不幸か、お見えになる患者さんはあまりおらず・・・きっと天気が悪いからなんだと思いますが(笑) ということで、久々にブログを書く時間が舞い降りてきました!www

中川歯科の8月は、多くの患者さんのインプラント手術を行った月でした.

1本欠損から複数歯欠損、果ては全ての歯がない方まで・・

そこで本日は インプラント手術をしたその日にすぐ固定式の仮歯を入れられる治療 について、少しだけお話いたします。また、 こちら も合わせてご覧頂くことでより理解が深まると思います.

最後に残っていた差し歯が取れてしまったと来院されました。入れ歯は絶対に嫌だということでインプラントを希望されています。骨の量はそこそこあったため、相談の結果、インプラント手術当日に固定式の仮歯を入れる治療方法をお勧めいたしました。

All-on-4a

こういう場合は特に、上下のかみ合わせのバランスが大事となりますので、手術の前にしっかりと検査を行い、その結果に基づいて緻密な治療計画をたてて行く必要があります。この患者さんの場合は下顎臼歯部にもインプラントを入れていく予定ですでの、それを見越したインプラントの位置や骨の増大量を決定していきます。

All-on-4b

インプラントを適切な位置に埋入し、当日に入れていただく義歯(ブリッジ)を調整したところです。前歯の部分は骨がやや少なかったため、理想的な位置よりもやや内側になりはしましたが、最終的に特殊なパーツを用いてネジ穴の位置を補正し完成後の手入れをしやすくします。

All-on-4c

正面から見たところです。歯がないことが長年の当たり前だった方ですので慣れるには数日を要すると思いますが、見た目的にも著しい改善がみられ、また、ある程度なら食物を噛んでいただいても差し支えありません。翌日ご連絡を差し上げましたが、痛みもほとんどなく、落ち着いているようで一安心です。

All-on-4d

術後のレントゲン写真です。バランスのとれたいい位置へのインプラント埋入が達成できていると思います.元々の骨のレベルにもよりますが、ある程度連続性を持ったインプラントポジションが大切だと思います.足かけ10年、このような即時負荷のケースは100症例くらい経験していますが、常に患者さんの負担が比較的少ない手術を心がけています。
暫くして上が落ち着いたら、下の奥歯のインプラント手術を順次行っていくことになります。

All-on-4e

インプラントや歯周病、審美に関するご質問、ご要望は是非中川歯科医院へご相談ください。いい解決策を一緒に見つけていきましょう!!!

では・・・

 

 

ブログ再開しました

皆様 お久しぶりです。中川歯科@八王子でございます。

時は 8/16 終戦の日の翌日となります。きっと夏休み最終日、明日から仕事に向かわれる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

GMOブログシステムの不具合により消滅した(と思われるw)ブログを心機一転、全く別のシステムを用いてリニュアールしました。

数か月にわたる滞り期間中、中川歯科の最新情報をお伝えできなかったことに深くお詫び申し上げるとともに、今後とも引き続きの最新の情報発信を継続していく所存ですので、皆様、よろしくお願い申し上げます。

さて、今年の夏は記録的な暑さとなり、中川歯科の患者さんも夏枯れか?と思っていましたが、全くそんなことはなく、多くの患者さんがお見えになっています。

特に明日月曜からは毎日インプラントなどの手術が予定されており、私も気力を充実さえているところです。

ということで、久しぶりの更新なので、最近のインプラント・ケースをお伝えいたします。
患者さんは50歳代の男性 奥歯に複数本のインプラントを希望されています。歯を失い始めてから噛み合わせがおかしくなったということで、最終的に機能回復を目的とした矯正を行う予定でいます。そのためにはまず奥歯にインプラント入れ、奥歯で顎の位置が保持される形を作らなくてはならないのですが、診断の段階で矯正後の歯の位置を予測し、それに合わせた位置にインプラントを入れていく必要があります。

Biomet 1

まずは右側から入れていきます。このような上下とも失われているケースでは本来あるべき歯の数よりも少なく仕上げる場合もあります。基本的には6番目まであれば十分だと私は考えております。このケースでも上下に一本ずつのインプラントを埋入しました。

Biomet 2

次に左下に2本のインプラントを入れていきます。来週、左上の追加埋入と骨造成を兼ねた手術を予定しています。まだまだ先は長いのですが、ここまで壊れた原因を根本的に改善しない場合は必ず短期間に同じようなトラブルが起こってくると考えますので注意が必要です。

Biomet 3

 

では、本日はこの辺で・・・

皆様のお問い合わせをお待ち申しております。

 

 

 

 

 

 

 

« 前のページ

八王子でインプラントなら中川歯科医院 / 歯科, 歯医者
Copyright© 中川歯科医院. All Rights Reserved.